判官贔屓。 判官贔屓(ほうがんびいき)の意味とは?語源由来や類語を解説!日本人特有の好み?

判官贔屓の意味や使い方は?由来(語源)や対義語と心理学との関係も!

続いて頼朝は「仮病を使って追討の命に従わなかった」として義経を追討の対象とした。 判官贔屓の浸透 やがて義経の死から大きく時が流れ、江戸時代に至ると、既に判官贔屓は義経だけを指すものではない程に拡大的な解釈がされるようになっており、弱い立場…もっとはっきり言ってしまえば 負けた側に対し、客観的な見方や評価を意図的に行わず、同情・贔屓の対象し、勝った側を一方的に非難する事を指すようになっていった。 皆さんは「判官贔屓」を「ほうがんびいき」、それとも「はんがんびいき」のどちらで読んでいますか? 「判官」という言葉の正しい読み方は「はんがん」なのですが、 義経のことを意味する言葉である「判官贔屓」の場合は「ほうがん」と読むことが多いそうです。 、108-109頁。 オリンピックで金メダルをとった選手が、逆にバッシングを受けたりすることがあるのは判官贔屓の逆の意識が働いているのでしょう。 、297-298頁。 日本人と判官贔屓 判官贔屓の背景には、本来強くいられる者に対する羨望があります。

Next

「判官びいき」ってどういう意味?日本人の特性があらわれている? |ナンスカ

織田信長 D. Japanese people tend to side with the underdog. 源義経の役職が「判官」であったため、源義経は「九郎判官」と呼ばれていたのです。 におけるコンビニ本部からオーナーへの圧力関係と業界によるその是正• におけるの第三位の官。 (今の私たちが「野球選手」といったときに「イチロー」を思い浮かべるようなものです) 源義経はものすごい人気のある人物でしたが、最終的にはお兄さんの源頼朝(鎌倉幕府を作った人です)に殺されてしまいます。 上横手は、『』が鎌倉幕府によって編纂された史書であるにもかかわらず、頼朝や梶原の厳しさや冷酷さ、悪辣さを最も強烈に描き、一方で義経に対し同情的な記述 すら置いていると指摘した 上で、『吾妻鏡』が北条氏の立場を正当化する史書である以上、北条氏によって破滅へと追い込まれた梶原が悪辣な人物として描かれるのは当然のことであるが、それに対応する形で判官贔屓が成立し、義経を人気者・善玉とすると同時に北条氏陣営に引き込む結果となっていることは注目に値することであり、判官贔屓が「北条氏によって、直接であれ、間接であれ、操作されているのだとすれば、その歴史的意識もまた洗い直されなければならないだろう」と述べている。 義経の一生を書いた『義経記』は室町時代の作品ですから、この頃に義経に正義を見出す読み方ができたのでしょう。

Next

「判官」の読み方は?

古来より、日本では人のことを「役職名」で呼ぶ風習がありました。 、はしがき5頁。 その際に義経の伝記が史実に基づく必要は必ずしもなく、むしろ「民衆の心をその方向に引き出すように再編成され、しかもその民衆の同情にピタリとはまるように再編成されたもの」であることが重要であった。 ただ、「 ひいき」していることには変わりありません。 、240頁。 、95-96頁。 しかし、「はんがんびいき」と読んでも間違いはないので、あまり気をつける必要は無いのかもしれません。

Next

判官

「判官びいき」ってどう読む? さて「 判官びいき」のお話をする前に、まずは読み方から見ていきましょう。 「判官贔屓」 「判官贔屓」は何と読むのかと問われたら、何と読むのか分からなかったり、 「はんかんなんとか? 雲の上の存在から、当たり前の人、自分と同じようなただの人に。 、241頁。 義経が北海道へ逃れたとする伝説のきっかけとなったのは(寛文10年)成立の『』であるが、同書の成立時期は蝦夷地に対する日本人の関心が高まった時期にあたる。 まとめ 判官贔屓という言葉の意味は「弱者や薄幸の者に同情し味方すること」「弱者に対して「弱いから」と言う理由で、えこひいきしてしまうこと」である。

Next

判官

、223頁。 なお、景時の「讒言」は頼朝によって義経のもとへ奉行として派遣されていた以上当然の行動 であり、また義経が頼朝の命令を守らず自分勝手に振る舞うことを快く思わず警戒した武士は景時に限らず 、頼朝は体制の倫理を代表して義経の非法性を決定したのであって 、頼朝が狭量であったがゆえに義経を疎んじたと断じるのは適切ではない とする見解もある。 ・平素より格別のご贔屓にあずかりまして、誠にありがとうございます。 判官贔屓とは、もともとは「源義経を応援したくなる気持ち」のことだったのです。 「判官びいき」は「 ほうがんびいき」と読みます。

Next

判官贔屓(はんがんびいき)の意味や読み方 Weblio辞書

また、「sympathy for a tragic hero(悲劇の英雄に同情する)」という表現も同様の意味で使用可能です。 ・大変長らくご贔屓にしてくださいまして、ありがとうございました。 [ad co-1] 判官贔屓を引き起こす心の動きの背景 義経は源平時代を代表する武将といえます。 読み方は「ほうがんびいき」「はんがんびいき」どちらでも良いが、どちらかというと「ほうがんびいき」と読む方が適切である。 官位としての判官は「はんがん」と読みますが、義経のことを指すときは「ほうがん」と昔から読まれてきました。 「 優秀選手を全国からスカウトしている強豪私立校」と「 地元の選手のみで勝ち上がってきた公立校」が対戦するとしたら、どちらを応援したくなりますか? このとき、 日本人は後者を支持しがちだそうです。

Next