総武線快速 路線図。 横須賀・総武快速線

JR総武本線の駅一覧・路線図・お出かけ情報

南口側にはやを挟んで京成本線のがある。 佐倉駅を出ると複線の成田線と第二高岡踏切まで2 ほど並行する。 :津田沼駅が開業。 (平成12年):小名木川駅が廃止。 東日本旅客鉄道()• (所属)• 総武本線の起点駅は、地下トンネルが開業した日にここ東京駅に変更になった。 と千葉県北東部の各地を結ぶが東京駅 - 銚子駅間を通して運行されているほか、都心からへアクセスする特急「」が当路線を経由している。 7 小岩駅 0. 2 76. 乗換路線 乗換路線はありません• その内、 - 鶴見駅間は東側に併設線増して、在来貨物線を取り付ける。

Next

総武線快速の運賃・路線図・時刻表

ライナー()・特急(・・・・・など):各列車記事参照• 1972年(昭和47年)7月15日に総武快速線は開業した。 一部は、千葉駅以東の・まで直通する• 同トンネルから複々線へのアプローチが設けられたのは構内だが、連続する急勾配のためホーム設置は見送られた。 (昭和38年)4月28日:房総東線(現在の外房線)のスイッチバック解消のため千葉駅を西千葉寄りに0. 神奈川県 1987年9月. 無印:千葉• (昭和39年)10月1日:飯倉駅が開業。 58 m )で、次の新日本橋駅とともに、1972年7月15日に開業した駅である。 4 東日本旅客鉄道: 湘南新宿ライン JS 16 ・ 直通(相鉄・JR直通線) JS 16 JO 17 山 区 3. 東京トンネルの地下線は、地上の東海道本線・・に沿う形で南へ向かい、途中トンネル内には新橋駅がある。

Next

総武線と総武本線・総武快速ってそれぞれ違うものなのでしょうか?

朝夕を中心に10往復が運行されている。 (昭和53年):成田空港(当時:新東京国際空港、現・)開港 に伴い、千葉駅着の快速9往復を成田駅まで延長。 3月15日:千葉駅 - 銚子駅間に CTC が導入。 市川駅、千葉駅、船橋駅、佐倉駅が開業。 (昭和49年)• 2 35. 0 59. 東北新幹線及び山形新幹線における携帯電話サービス 東北新幹線及び山形新幹線 奥羽本線 においては、これまでトンネルなどの構造物がある区間での携帯電話の通話ができませんでしたが、2018年12月からは、東北新幹線八戸駅の手前から八戸駅間、山形新幹線(奥羽本線)の板谷駅から峠駅間において、それぞれ通話が可能となりました。 (昭和62年)• 成東駅を出て東金線が南方向へ分かれていくと、左にカーブして北東方向へ。 詳細は)、朝夕のラッシュ時に品川駅乗り入れを開始、後に朝夕ラッシュ時以外にも乗り入れ時間帯が拡大し、平日46往復、休日36往復が乗り入れた。

Next

総武線快速の運賃・路線図・時刻表

千葉駅 - 間は各駅に停車するが、大網駅 - 間では途中永田駅・本納駅・新茂原駅・八積駅を通過し、のみに停車する。 総工費は291万円、両国駅 - 亀戸駅間に電車専用線を新設し、市川駅に車庫、亀戸駅に変電所を新設、電力は自家変電・からの買電を併用する計画案であった。 八街駅: - 1940年5月14日廃止• また、幕張駅と津田沼駅にも緩行線と快速線と幕張電車区に入庫する線路との平面交差が生じ、これらは輸送上のネックとなった。 青木義雄「JR各社の快速運転状況 JR東日本 東京圏」『鉄道ピクトリアル 【特集】 大都市圏JR線区の快速運転』第53巻9号(通巻第736号)、電気車研究会、2003年9月、 49頁。 ホリデー快速ビューやまなし 一部期間の土日祝日に運転される新宿~小淵沢駅の臨時列車。 千葉駅を出てカーブを終えると右側に並行していたをくぐり、と交差する手前にがある。

Next

JR中央線の路線図と停車駅、知っておきたい基礎知識を解説

オレンジ色の電車は終日、東中野、大久保、代々木、千駄ケ谷、信濃町、市ケ谷、飯田橋、水道橋を通過するようになりました。 新川崎方面から鶴見・新子安・東神奈川の3駅(および・方面)への運賃は鶴見駅・東神奈川駅接続で計算される。 千葉日報社. 平日朝を中心に東京駅発着の総武快速線列車の一部が品川駅まで延長される。 2007年3月16日までは発着の列車も設定されていた。 8 | (上記の貨物支線の起点。 外部リンク [ ]• 8 103. 東京駅 - 錦糸町駅間 4. 4 65. 緩行線・快速線間の最初の接続駅となっているは快速線・横須賀線列車の留置線を併設しており、またの南に位置している。

Next

JR中央線の路線図と停車駅、知っておきたい基礎知識を解説

(明治28年)• この区間は全駅内に所在 駅番号 駅名 駅間 営業キロ 東京 からの 営業キロ 快速 通勤快速 接続路線 線路 所在地 JO 28 - 39. 4 km長い。 さらに同駅に近接する・とも接続する。 (昭和47年)7月15日の総武快速線開業時から、成田駅への直通運転は8往復運行されていた。 :新小岩操車場が貨物駅に変更され、新小岩操駅が開業。 (監修)今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 全線・全駅・全廃線』5号東京、日本鉄道旅行地図帳編集部(編集)、新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2008年9月18日、31 - 32頁。 5 121. 一:上総一ノ宮• 一:上総一ノ宮• をくぐりを跨ぐと、を渡って東海道新幹線とともにを越え、からに入り武蔵小杉駅に至る。

Next

横須賀・総武快速線

総武本線経由に比べて営業キロ数で13. :小岩駅が開業。 2019年7月20日閲覧。 3月31日:佐倉駅 - 成東駅間の日本貨物鉄道の第二種鉄道事業廃止。 4 - 4. 8 東日本旅客鉄道: 東海道線 JT 05 ・ JK 12 ・ JK 12 ・ JK 12 : TY21 : MM01 京浜急行電鉄: 本線 KK37 : SO01 横浜市営地下鉄: ブルーライン(3号線) B20 () 7. (昭和46年):亀戸駅 - 新小岩駅間が3線化。 (昭和50年):同日実施のにより、特急「しおさい」「あやめ」運行開始。 なお、この改正で、特急は全て東京駅地下ホームから発着するようになった。

Next

総武本線

(平成12年)• ただし、新宿駅発の「ホームライナー津田沼」「ホームライナー千葉」についても便宜上ここで記述する。 乗換路線• えきねっと検索で出てきた「総武本線」は総武快速線経由を指し、「総武本線,錦糸町,総武本線2,秋葉原,東北本線」や「総武本線,錦糸町,総武本線2,御茶ノ水,中央東線」は総武線の各駅停車経由を指しています。 一般的に日本の鉄道では当該路線の起点駅から離れていく列車を「下り」、その逆を「上り」としているが、正式路線名としての横須賀線の起点駅は大船駅であり、大船駅 - 東京駅間の正式な路線名は東海道本線で起点駅は東京駅である。 御茶ノ水駅 - 千葉駅間(緩行線) 東京総合指令室• (55年)10月1日の直通運転開始時から(平成11年)まで。 (昭和54年):東海道貨物線鶴見駅 - - 戸塚駅間開業。

Next